大田区中央の大森ふるや眼科クリニック|眼科・白内障・緑内障

  • HOME
  • 診療について
診療について

診療内容

視力検査、眼圧検査、眼底検査、コンタクトレンズ検査・交付(販売)、眼鏡処方などの眼科一般検査の他に小児眼科(弱視治療)や日帰り白内障手術、眼瞼手術(まぶたの手術)、大田区特定健診(眼底検査)、緑内障検診など行っています。

日帰り白内障手術を行っております

 白内障とは目の水晶体というレンズに当たる部分がにごる病気で視界がかすむ、まぶしいと感じることがあります。白内障は徐々に進行していく病気のため、自分では症状に気づかないという場合もあります。そのため日頃から定期的に検診を受けることによって手術の適正な時期を見逃さないことが大切です。

 院長はこれまで軽度から重度の白内障手術をさまざま経験して参りました。

 当クリニックでは白内障の患者様に対して必要に応じて日帰り白内障手術を行っております。使用機器として日本アルコン社の白内障手術装置(センチュリオン)を使用しております。小さな傷口で痛みの少ない手術を行うことができます。手術時間は10~30分程度となっています。
診察は手術翌日、2日目は来院していただき経過が良好であれば翌週に診察させていただきます。その後は順次間隔を空け診察させていただきます。

白内障の見え方
水晶体混濁の図

白内障の治療

 また患者様よりご希望があれば「多焦点眼内レンズ」という遠近両方にピントが合うレンズを使って手術をすることも可能です。

 なお白内障になったからといって必ずしも手術が必要なわけではありません。患者様が手術を望まず、日常生活にも支障がないようであれば手術をしないのも一つの選択肢です。「手術をするかどうか」や「いつ手術を受けるか」といったことは患者様と相談させていただければと思います。もし白内障のような症状に覚えがありましたら、お気軽にご相談ください。

眼内レンズには「単焦点レンズ」と「多焦点レンズ」があります。
単焦点レンズは1カ所のみに焦点が合っているレンズのため、遠くにピントを合わせた場合は、手元が見えづらく老眼鏡が必要になります。逆に手元にピントを合わせた場合は、日常生活において常に眼鏡装用が必要になります。単焦点レンズは保険診療内になります。(3割:約45,000円 1割:約15,000円)
 また「多焦点レンズ」は、遠くの他に中間距離(パソコンなどの距離)や近く(読書など)にもピントが合うレンズになります。そのため老眼鏡をかける頻度が少なくするという利点があります。欠点として夜間の運転などのときハロー・グレアなどのまぶしさを自覚しやすくなります。

当院は多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、選定医療(選定療養)となりますので、本来は手術代も含め自費診療になるところを手術代は保険診療内、多焦点眼内レンズ代を自費として受けることができます。多焦点眼内レンズは大きく分けて2焦点レンズと3焦点レンズがあります。2焦点レンズには「遠方と近方」または「遠方と中間距離」にピントが合う2種類のレンズがあり、3焦点レンズは「遠方、中間距離、近方」のすべてにピントが合うレンズです。

目の状態により適応外の方もいらっしゃいますのでまずは診察させていただき、ご希望がありましたらご相談させていただきます。

単焦点と多焦点の見え方

価格(自費)

レンズ代
(片目)
2焦点 16万円
(税込)
2焦点
(乱視用)
18万円
(税込)
3焦点 24万円
(税込)
3焦点
(乱視用)
26万円
(税込)

緑内障

緑内障とは何らかの原因によって視神経という部分に障害が起こる病気で、視野が狭くなる、視野が欠けるといった症状が見られます。ただし初期症状がほとんどなく、見えづらいという自覚症状が出た時には既に病気がかなり進行しているということも少なくありません。そのため緑内障が疑われる場合には、定期的に検診を受けることによって治療が必要な時期を逃さないことが大切だといえます。

当院では視力検査、眼圧検査、OCT(眼底三次元画像解析)などを使って、緑内障を初期のうちに発見できるように努めております。万が一緑内障が見つかったら、緑内障のタイプによって異なりますが、病気の進行を抑えるために目 薬やレーザーなどで治療をしています。一度緑内障を発症すると欠けてしまった視野を改善させることは難しいですが、「将来的目が見えなってしまう」ことがないように病気の進行を抑えるために治療を続けていきましょう。

加齢黄斑変性

主に加齢によって目の黄斑という部分に障害が起きてしまう病気です。代表的な症状として視力が低下する、視野の中心が暗くなる、ゆがむといったものがあり、治療せずにいると失明する恐れもあるので注意が必要です。

当院ではOCTなどを使って検査を行いますが、必要に応じて造影検査を対応している医療機関へ紹介させていただく場合もあります。そして加齢黄斑変性が見つかり、活動性があって病態がどんどん悪くなる可能性がある場合には、抗VEGF療法という注射で治療を行います。またご希望があれば予防としてサプリメントをご紹介しております。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は糖尿病の合併症のひとつで高血糖の状態が続くとことで網膜が痛む病気です。初期症状がほとんど見られないにも関わらず病気が進行すると失明するリスクがあるため注意が必要です。

 治療においてはまず血糖値をしっかりとコントロールすることが重要です。そのため当院では内科の医師と連携を取りながら対応しています。もし病気が進行してしまった場合はレーザー治療や抗VEGF療法という注射の治療を行います。

小児眼科(弱視)

弱視とは眼鏡をかけて矯正しても視力が上がらないことをいいます。お子様は生まれながら視力がいいものではなく、ピントがあった状態で物をみることによりトレーニングされ、視力が発達しています。しかし元々遠視、乱視、斜視などがあると、目で見た鮮明な像が脳に伝わることがないため、視力が発達しない状態になります。治療としては眼鏡を装用して、ピントが合った状態で日常生活を送ってもらうことが視力の発達に繋がります。弱視の治療には年齢的に限界があります。(6~8歳程度)
お子様が自分から「見えづらい」と言ってくれることは実際にはあまりありません。そのためご両親が少しでもお子様の目に関する症状で気になることがあれば早めにご相談いただければと思います。

特定健診・緑内障検診

大田区特定健診(眼底検査):6月~3月で行っております。かかりつけ医より書類をもらってきていただく必要があります。
緑内障検診:7月~12月まで受け付けております。自費500円がかかります。
視力・眼圧・眼底検査を行います。緑内障が疑われた場合は別日に追加の検査が必要になる場合があります。
眼底検査(散瞳検査)を行いますので診察後4~5時間見えづらい状態になります。
お車でのご来院はお控えいただきたいと思います。