大森ふるや眼科クリニック、大森、蒲田、眼科、日帰り白内障手術、白内障、緑内障、糖尿病網膜症、大田区

大森ふるや眼科クリニック

医師紹介

2016年11月、大田区中央(最寄駅:大森駅、東急バス「入新井第四小学校」バス停近く)に開院致しました。

当院のホームページをご覧頂きありがとうございます。
大森ふるや眼科クリニックの院長、古谷達之と申します。

これまで大学病院や地域基幹病院で16年間、白内障や緑内障、糖尿病網膜症、黄斑変性、斜視、小児眼科に至るまで多くの眼科疾患を幅広く診察し、さまざまな種類の手術に対応して経験を積んで参りましたが、その培った知識と技術をぜひ地域医療に貢献したいと思い、このたび大田区中央の地に眼科クリニックを開業させて頂くことになりました。

人は外界からの情報の約80%を「眼」から得ているといわれています。この情報量を考えると眼は五感の中でもとても大切な感覚器です。その大切な眼を守るため、眼科専門医として高度な医療の提供を目指すことはもちろん、どんなささいな症状であっても患者様の不安や心配をいかに取り除けるかが大切であると考えております。

分かりやすい説明を常に心がけ、お子様からご年配の方まで皆様の眼のホームドクターとして、日々勉強・努力して参りたいと思っております。地域の皆様に親しまれ信頼されるクリニックを目指しスタッフ一同努力して参りますのでどうぞよろしくお願い致します。

大森ふるや眼科クリニック 院長 古谷達之

【経歴】
獨協医科大学 医学部卒業

【職歴】
東京女子医科大学病院 
埼玉県済生会栗橋病院
オリンピア眼科病院
埼玉県済生会川口総合病院 眼科主任部長

【所属学会】
日本眼科学会
日本緑内障学会

院長・眼科専門医

古谷 達之

ふるや たつゆき

古谷 達之

副院長ごあいさつ

大森ふるや眼科クリニックの副院長、古谷恵里と申します。
当院は3階にありますが1階の観音通り中央医院は私の父が院長をしております内科クリニックで、私の祖父が1970年に開院し、2002年に父が跡を引き継ぎました。祖父や父が地元の皆様に支えられ日々診療に当たっている姿を小さい頃から見ておりましたので同じ地で開院できた事をとても嬉しく思っております。

私は大学病院やその関連病院である地域基幹病院や眼科専門病院で12年間、日々の外来診療、レーザー、手術など幅広く学び、眼のことであればオールマイティーに診ることができる眼科医になりたいという思いを目標に経験を積んで参りました。

患者様がご自身の病気をよく知り、安心また納得してお帰りになる事ができるよう、症状を詳しく伺い、丁寧に分かりやすく説明することを心掛けております。

地域の皆様が安心して通院して頂けるクリニックを目指して日々勉強を怠らず努力していきたいと思っておりますのでどうぞよろしくお願い致します。

【経歴】
東京女子医科大学 医学部卒業

【職歴】
東京女子医科大学病院
オリンピア眼科病院
若葉眼科病院
済生会栗橋病院
済生会川口総合病院
至誠会第二病院

【所属学会】
日本眼科学会

副院長・眼科専門医

古谷 恵里

ふるや えり

古谷 恵里

大森ふるや眼科クリニック

大森ふるや眼科クリニック

〒143-0024
東京都大田区中央3-15-16 3F

Tel.03-6809-9527
Fax.03-6809-9528

診療内容

眼科